【3つのルール 1,名前を聞かない 2,契約厳守 3,依頼品を開けない】

これを聞くと、大ファンの僕は、いつもより深くアクセルを踏み込んでしまうほど興奮してしまいます。

今日は久しぶりの2連休、なんのDVD借りようかと考えながらふら〜っと車に乗ってレンタルショップへ向かう途中、目の前をスーツをきたおじさんのアウディがスーっととうり…絶対見なくてはいけない作品を見逃していることに気がつきました。

9点 /10点

トランスポーターを初めてみたあの時の興奮をまた味わえるなんて、ファンとして幸せを感じずには入られません。はじめ、トランスポーターの新作が出ると聞いた時、またあのジェイソン・ステイサムのカーアクション、格闘戦が見られるとワクワクしていたのですが、まさかの主人公フランク・マーティン役交代…

ジェイソン・ステイサム→エド・スクレイン
なんでだよと思いつつも、今作は主人公フランク・マーティンの過去の話なので、そこは仕方ないと割り切るしかありませんでした。内心、大丈夫かなと心配しつつ見だしたのですが僕の心配など冒頭のカーアクションシーンでふっ飛ばしてくれました!
★見所★

・もちろんトランスポーターといえばカーアクション。さすが鉄板、これはすごいとしか言いようがありません。
・そしてカーアクションと肩を並べるくらいすごいのが格闘シーン。正直これみた時、確信しました。ジェイソン・ステイサムからエド・スクレインへ見事に受け継がれていると。
・過去の話だけ合って、主人公フランク・マーティンの父が出てきたりと主人公の過去や若かりしころの姿をみごとに演出されており、シリーズをすべてみている方はより今作楽しめるように作られています。
はっきり言います。アクション映画好きでまだ見てない方、今すぐみてください。そこには、超ド級の爽快感と興奮があなたを待っています。

《あらすじ》
妖艶な魅力を漂わせる美女アンナからの依頼。
時間通りに到着したフランクの愛車に乗り込んだ3人の美女。フランクに突き付けられたのは、 銃口と囚われた父親 の映像。 人質となった父親の身体を猛毒が蝕み、 命の期限は12時間 に迫っていた。 プロの運び屋のルールに反する強制された依頼に憤慨するフランクだったが、 アンナたち凶悪組織の魔の手が迫っていることを知る。 命を狙うのは、フランクの特殊部隊時代のライバル、 “狂人”カラソフが率いる巨大売春カルテル。 自らのルール、守るべき使命、そして、父の命の間で揺れ動く天才運び屋は愛車アウディと共に走り出す。しかし、この依頼には、愛する者からの裏切りが待ち受けていた…。