【たった一度の性格診断で未来が決まる】

もしあなたの未来がたった一度の正確診断で決まったらどうしますか?
僕は嫌です。性格診断なんかで自分の未来を決められたら自由に好きなことできないじゃないですか(笑)

【ダイバージェント】

評価 9点 /10点

人類の最終戦争から100年後の未来のシカゴ…。
人類は過去の経験を活かし、国家や宗教という概念を捨てて新たな社会体制を作りました。
それは、16歳に受ける1度きりの選択儀式で、人類を性格別の5つの派閥に分けるというものです。派閥は家族よりも大事です。

【無欲】 政権を担う、他者を思いやる集団
【博学】 教育・研究を担う、知識が豊富な集団
【高潔】 司法を担う、正直者の集団
【勇敢】 軍事・警察を担う勇気ある者の集団
【平和】 農業を担う、優しい者の集団

_________________________

【無派閥】選択した集団から逸脱、隔離・孤立された集団
【異端者】派閥のどれにも該当しない未知の特殊能力を持ち、人類を滅ぼす危険分子。

ちなみに性格診断以外の結果を選択儀式で選ぶこともできます。
もちろん主人公は【異端者】だったためそれを隠し、自分の前から憧れていた派閥に入り…
これ以上はネタバレになるので言えません。
本作は4部作の1作目という立ち位置なので今回はルールをしっかりと描くことに徹しています。丁寧にルールを描きつつ、少女の16歳というターニングポイントとその後を描くので間延びしないのであっという間の1時間20分です。リアリティが無い分、そのリアリティの無さが実写でしっかりと描かれているので、むしろそこがいいです。

ベストキッドのようなトレーニングし鍛え上げられて成長していき、その後に繋がる様、高揚感がたまりません( ^ω^ )
皆さんならどの派閥を選びますか?
僕は間違いなくどっかに属した後、無派閥行きです。
人の言うこと聞きませんから(笑)
自分ならこの派閥がいいなーって考えながら見るとまた違った楽しみがありますよ。

【あらすじ】
近未来。社会は“勇敢”、“高潔”、“平和”、“無欲”、“博学”という5つの共同体に分けられ、人々は16歳になると性格診断によってそのいずれかに強制的に振り分けられていた。そして、その5つに該当しないと診断された者は異端者=ダイバージェントと呼ばれ、危険分子として秘密裏に抹殺される運命にあった。そんな中、16歳になりテストを受けたベアトリスは、非情にも異端者と診断されてしまうが…。

【予告編】
https://youtu.be/sROzAsJ1qds