事故:現場徳島市

24日午前8時半

徳島市安宅の県道沿いの歩道で、スマートフォンの画面を見ながら(ポケモンを探しながら)自転車を運転していたJKが、反対方向から手押し車を押しながら歩いてきた77歳の歩行中のオバァちゃんと正面衝突したという事故がありました。オバァちゃんに怪我はなかったので良かったものの一歩間違えたら自転車でも大事故に!JKいわく、ポケモン探しに夢中で歩行者に気がつかなかったとの事。。。自転車乗りながらポケモン探すのは無茶でしょーが(笑)小学生でも危ないのわかりますw危険なので絶対やめてください!JKは警察に、口頭こっぴどく厳重注意されたそうです。検挙していいレベルですけどね。まぁ全国初という事で口頭注意で終わったのでしょう。

検挙:鳴門市

25日昼前

徳島市の国道でスマートフォンでポケモンGOをしながら車を運転したとして鳴門市に住む30歳の男性が検挙。警察によるとと、ポケモンGOを操作していた人が関係する交通事故や違反の検挙はそれぞれ徳島県内では初めてだということですが正直警察が検挙できてないだけでポケモンGOをしながら運転している人が多くいるのが現状です。私もポケモンGOをやっていますが運転中は控えています。どうしてもやりたい時はきちんと止まってやりましょう!

 

徳島のド田舎でもポケモンフィーバー

全国初のポケモンGOでの検挙者が出た徳島。ニュースでよく取り上げられている都会でのポケモンフィーバーさながらド田舎の徳島でもポケモンフィーバー中です。

配信初日にポケストップが私の知る限り一番たくさんある徳島城跡では、子供からお年寄りまでかなりの人がたむろしていました。夜中の7時頃は30人程度でしたが時間がどんどんたつにつれ人数は増え、お一番多い時は推定ですが150人くらいの人がポケモン目当てに集まっていました。いつもなら人っ子一人いない徳島城跡ですが今ではトレーナーたちの憩いの場になっています。県外の友人などにそのことを伝えると同じことがどの県でも起こっているみたいです。深夜ここまで徘徊しても大丈夫なのはやはり日本の治安が安定しているからでしょう。アメリカなど海外では誘拐などが多発しているため子供の深夜の徘徊はかなり少ないようです。

まとめ

街に出るとたくさんのトレーナー(ポケモンGOをしている人たち)が目立ちますが一人一人がきちんとマナーを守って楽しくポケモンGOをプレイしていってほしいものです。