甲子園への切符を掴むため日本全国で熱い戦いが繰り広げられている夏の高校野球、地方大会。

7月14~17日にかけて、行われた試合では選手の熱中症による【没収試合】が相次いだ。

没収試合とは

試合中に何らかのトラブルが起こり試合の進行ができなくなること。トラブルの元や不足しているチームを敗戦扱いにする事。

例:メンバー不足など

野球では9-0でサッカーでは3-0、バスケットでは20-0とされている。

今回没収試合があったのは、和歌山大会の3試合、千葉大会、佐賀大会。
どのチームも元からチーム内の選手が9人しかいない状態で、一人でもかけてしまった時点でゲームセット(試合終了)だった。

14日 千葉県大会 翔凜vs行徳

2回、守備をしていた行徳の選手が熱中症で倒れ、けいれんを起こし、病院に救急搬送。

15日 佐賀県大会 鹿島実vs太良。

4回、太良の1年生選手が熱中症となり、病院に搬送。

17日 和歌山県大会 伊都vs耐久

5回、伊都の3年生遊撃手が熱中症で倒れ、治療。

 

熱中症対策はしていなかったのか

いずれの試合も選手が9人であったため。一人でも欠けて没収試合にならないよう、各県の本部も試合前から気にして、水分補給など熱中症の防止策について、各校の部長、監督に指示をしたらしい

地方大会と甲子園大会の設備の違い

甲子園大会では、エアコン、スポットクーラーなどの空冷設備も設置されておりベンチにドリンクまで備え付けられているが地方大会ではそうはいかない。もちろんエアコンの効いた設備などは存在せず炎天下の中ベンチの陰で休む程度。一応、理学療法士を常駐させ、小まめな水分補給の呼びかけをし、何かあったときにすぐ対処するという対策を行っているが、正直事故が発生してからでは遅い。炎天下の中でやる以上、できるだけ熱中症がないよう、予防を考えていくくらいしか、なかなか手はない状態だが、これからの日本高校野球連盟の打開策に注目だ。